MENU

News

2020年05月25日
【翻訳】『ザ・キング:永遠の君主』ウ・ドファン、緩急演技で思いのままに
※ドラマの内容に関する写真・記載がありますのでご注意ください。
***



『ザ・キング:永遠の君主』でウ・ドファンは責任感とカリスマ、そして可愛さまで兼ね備えたギャップが魅力のチョ・ヨンとチョ・ウンソプで、イ・ゴン(イ・ミンホ)はもちろん視聴者の関心を集めています。特にチョ・ヨンとチョ・ウンソプが互いの身分になりすましてパラレルワールドを渡る、きわどくコミカルな状況を演出しドラマに楽しみを加えています。

ウ・ドファンは『ザ・キング:永遠の君主』第11話、第12話では可愛い魅力を最高潮に引き上げました。チョ・ウンソプがイ・ゴンを守っている最中に撃たれ病院で孤独に過ごしているところ、大韓民国から大韓帝国に渡ったチョン・テウル(キム・ゴウン)に出会ったからです。それだけでなく、チョ・ヨンはミョン・ナリ(キム・ヨンジ)の前で正体がばれないようにチョ・ウンソプの真似をし、カン・シンジェ(キム・ギョンナム)と協力してドラマの緩急を調整しました。イ・ゴンが逆賊を一掃し、予想しなかった人々が世界を出入りしながら、重みのある雰囲気を転換して没入度を高めています。

ウ・ドファンはドラマ『私の国』で、信念と血、友情の間で絶えず葛藤するキャラクターの感情線を纎細に描き好評を得ました。そして映画『神の一手 グィス編』では殺気立った眼差し演技と熾烈なアクションを繰り広げ、『ディヴァインフューリー/使者』では世界に悪を広める司教キャラクターを演じ、魅惑的な演技でスクリーンを掌握、「セクシーヴィラン」という修飾語を得ました。

このように一層成熟した演技力で大物俳優として注目を浴びたウ・ドファンは、今回のドラマ『ザ・キング:永遠の君主』でも1人2役はもちろん、難しい役柄も立派にこなし、自分の役目を全うしています。

皇帝イ・ゴンのためならどんな戦場でも飛び込む準備ができている忠臣チョ・ヨンと、大韓民国にいる弟たちを思って体を張っていても、会社を買ってくれるという冗談に喜ぶチョ・ウンソプをそれぞれ違う魅力で表現しているウ・ドファン。回を重ねるごとに豊かになる感情演技でキャラクターの魅力を倍増させており、残りの活躍にも期待が集まっています。

ウ・ドファンが拡張された演技を披露している『ザ・キング:永遠の君主』は、Netflixにて金曜・土曜に最新エピソードが配信されています。

引き続き、ウ・ドファンへのあたたかいご声援をよろしくお願い致します。
ページトップへ