MENU

News

2020年05月15日
【翻訳】『ザ・キング:永遠の君主』ウ・ドファン、「カリスマ」VS「優しさ」温度差スチールを公開
※ドラマの内容に関する写真・記載がありますのでご注意ください。
***



ウ・ドファンは『ザ・キング:永遠の君主』で大韓帝国皇室近衛隊大将のチョ・ヨンと、大韓民国社会服務要員のチョ・ウンソプを演じ視聴者の注目を集めています。

ウ・ドファンは、顔は同じですが顔を除いたすべての外面から家族構成、価値観などがすべて異なるチョ・ヨンとチョ・ウンソプを完璧に違うキャラクターに描き、ドラマのパラレルワールドという設定に没頭度を加えています。特に2人のキャラクターが対面したシーンと、チョ・ヨンがチョ・ウンソプを、チョ・ウンソプがチョ・ヨンを演じる姿を愉快に描きました。事実上、1人4役を演じたウ・ドファンのディテール演技が輝くシーンでした。

公開された写真のウ・ドファンは冷温が共存する特有の魅力的なマスクを生かし、1人2役を巧みに演技しています。チョ・ヨン姿の時はいつも制服やスーツを着て、鋭い眼差しでカリスマ性を誇示する一方、弟たちを見つめるチョ・ウンソプは、優しくて温かさが感じられる眼差しを盛り込んだ繊細な演技をしています。

このようにディテールな眼差し演技のように『ザ・キング:永遠の君主』に登場するウ・ドファンの「代替不可」キャラクターの消化が好評を得ています。1人2役の活躍だけでなく、キャラクターの中のキャラクター演技を鮮明な違いが感じられるように描いているからです。

また、イ・ゴン(イ・ミンホ)と2つの世界を行き来しながら、テンポのいいやりとりで楽しさも生み、パラレルワールドの秘密を知らない人々の前では本当の正体が明らかにならないように臨機応変に対応するなど、ドラマの楽しさと緊張の緩急を調整する人物として今後さらなる活躍を期待させています。

『ザ・キング:永遠の君主』第9話は今夜公開されます。

引き続き、ウ・ドファンへのあたたかいご声援をよろしくお願い致します。
ページトップへ