MENU

News

2021年03月12日
【翻訳】ウ・ドファン、『ディヴァイン・フューリー/使者』で第40回黄金撮影賞映画祭新人男優賞受賞の快挙


ウ・ドファンが第40回黄金撮影賞映画祭で新人男優賞を受賞しました。

11日に行われた第40回黄金撮影賞映画祭で、ウ・ドファンがスクリーン初主演作となる映画『ディヴァイン・フューリー/使者』で新人男優賞の栄誉に輝きました。黄金撮影賞映画祭は、韓国映画の持続的な技術感覚を維持し、新しいスクリーンの顔を探すことを目的とした映画祭で、韓国映画撮影監督協会が主催しています。

この日、軍服務中で参加できなかったウ・ドファンに代わり、所属事務所のKEYEASTマネジメント部門代表のイ・ヨンウ理事が代理受賞し、彼の受賞感想を伝えました。ウ・ドファンは「映画『ディヴァイン・フューリー/使者』で共演した、愛する先輩たちありがとう。キム・ジュファン監督、チョ・サンユン撮影監督、そして暑い夏から冷たい風が吹く季節まで黙々と現場を見守ってくださったすべてのスタッフのみなさんにもう一度感謝の気持ちを伝えたい」と述べ、作品を共にした俳優・監督・スタッフへの感謝の気持ちを伝えました。「僕も自分の場所で一生懸命軍服務を終え、良い姿でみなさんの元に戻っていきたい」と現在軍服務に励んでいることを伝え、今後もファンの応援に応えたいという意志を示しました。

『ディヴァイン・フューリー/使者』でウ・ドファンは、世界に悪を流す黒い司教ジシン役を演じ、ベールに包まれたミステリアスな人物を演じました。相手の弱点を利用するのに卓越した才能を持っているジシンは、自分の計画を邪魔するアン神父(アン・ソンギ)とヨンフ(パク・ソジュン)の近くで、忘れがたい強烈な印象を残しました。

役のために5時間を超える特殊メイクをこなす情熱を発揮し、新しい悪役を誕生させたウ・ドファンは、繊細で深みのある演技で好評を博しました。独自の魅力で高クオリティーアクションと、正体が分からない人物の複雑な内面を完璧に表現したウ・ドファンは、極度の緊張感を与え、観客から熱烈な反響を得ました。

ウ・ドファンは、昨年7月6日に陸軍へ現役入隊し、2022年1月5日の除隊を予定しています。

引き続き、ウ・ドファンへのあたたかいご声援をよろしくお願い致します。
ページトップへ