MENU

News

2020年05月02日
【翻訳】『ザ・キング:永遠の君主』ウ・ドファン、 節制されたカリスマ「チョ・ヨン」のスチール公開!
※ドラマの内容に関する写真・記載がありますのでご注意ください。
***



ウ・ドファンの抑えられた魅力が感じられる『ザ・キング:永遠の君主』のスチールが公開されました。

ウ・ドファンは『ザ・キング:永遠の君主』で大韓帝国では皇室近衛隊長チョ・ヨン役を、大韓民国では社会服務要員のチョ・ウンソプ役を演じ、二つの世界を行き来しながら活躍しています。

ウ・ドファンは大韓民国と大韓帝国を行き来しながら魅力を披露し、視聴者の注目を集めています。特にキャラクターごとに変わるウ・ドファンの多彩な眼差し演技は『ザ・キング:永遠の君主』を視聴するひとつの観戦ポイントです。チョ・ヨン役を演じる時は、皇帝だけを見つめる愚直で節制されたカリスマ性を誇示し、チョ・ウンソプを演じる時は、お調子者で純真無垢な眼差しを見せています。

公開された写真のウ・ドファンは、大韓帝国チョ・ヨンの姿で鋭い眼差しで相手を制圧し、カリスマを誇っています。また、終始硬い姿勢と表情をしていますが、これは代々武臣の家に生まれ、主君の影が運命の皇室近衛隊長であるチョ・ヨンの性格を一目で示すためだそうです。

このようにウ・ドファンは、キャラクターの性格と背景を表現するために、普段より節制された演技を披露しようと努力しています。そのため、チョ・ヨンとチョ・ウンソプの性格の違いがより鮮明に表れ、視聴者に比較しながら見る楽しさを引き起こしているという好評を得ています。

また、昨日(1日)公開された第5話では、大韓民国から大韓帝国に来たチョン・テウル(キム・ゴウン)を見て、まるでチョン・テウルがイ・ゴンを初めて見た時ような姿で混乱し、面白さを生かしました。さらにパラレルワールドについて認知し、極度に緊張感を増して没入度を高めるなど、今後の活躍をさらに期待させました。

ウ・ドファンをはじめイ・ミンホ、キム・ゴウン、キム・ギョンナム、チョン・ウンチェ、イ・ジョンジンなどが出演する『ザ・キング:永遠の君主』第6話は今日(2日)夜公開されます。

引き続き、ウ・ドファンへのあたたかいご声援をよろしくお願い致します。
ページトップへ