MENU

News

2019年09月30日
【翻訳】ウ・ドファン、『私の国』『神の一手:グィス編』同時出撃!「ジャンル不問の人気俳優」


ウ・ドファンが今年下半期、お茶の間とスクリーンに同時出撃します。今年7月に韓国で公開されたスクリーン初主演映画『使者』に続き、韓国で10月4日に初放送されるJTBC新金土ドラマ『私の国』、韓国で11月公開予定の映画『神の一手:グィス編』と、下半期のドラマ、映画のラインナップに名を連ねました。

高麗末~朝鮮初期の激変時代を背景とする『私の国』でウ・ドファンは、出生に関係なく皆が平等に幸せになれる国を夢見て、権力の中心に立とうとする武官ナム・ソノを演じます。ウ・ドファンは初時代劇である上、強烈なアクション演技を予告し、多くの期待を集めています。またドラマ『君を守りたい~SAVE ME~』、『マッド・ドッグ~失われた愛を求めて~』などでの印象的な演技で、作品中のキャラクターの魅力を極大化させたウ・ドファンであるため、『私の国』で出生の痛みと熱い野心を持つナム・ソノをどう描き出すのか好奇心を刺激します。

『神の一手:グィス編』は2014年に観客356万人を動員した『神の一手』の15年前を描いた作品で、オリジナル製作陣によるスピンオフ犯罪アクション映画。ウ・ドファンは囲碁の勝敗より人の命を奪う「捨石囲碁」のベテランを演じました。冷酷な賭け囲碁の世界で主人公のグィス(クォン・サンウ)を追うスリルで緊張感溢れる演技を披露する予定です。

このように2019年下半期のラインナップを埋め尽くしたウ・ドファンは2020年上半期放送予定のSBS『ザ・キング:永遠の君主』にもキャスティングされました。ヒットメーカーのキム・ウンスク脚本の新作で、すでに爆発的な関心を集めているドラマです。

2016年、映画『MASTER マスター』で強い印象を残し、2017年、ドラマ『君を守りたい~SAVE ME~』、『マッド・ドッグ~失われた愛を求めて~』を通じて「モンスター新人」に浮上したウ・ドファン。ドラマや映画、ジャンルを問わず、魅力的な俳優として認められているため、今後の動きにさらに関心が高まっています。

引き続き、ウ・ドファンへのあたたかいご声援をよろしくお願い致します。
ページトップへ