MENU

News

2020年04月06日
【翻訳】『ザ・キング:永遠の君主』ウ・ドファン&イ・ミンホ、気品のあるブラックスーツ姿を披露




『ザ・キング:永遠の君主』がウ・ドファンとイ・ミンホの卓越した「ブラックスーツ姿」を公開しました。

2人は『ザ・キング:永遠の君主』でそれぞれ大韓帝国皇帝イ・ゴン役と大韓帝国皇室近衛隊大将チョ・ヨン役を演じ爆発的な熱演を繰り広げます。それぞれ8歳と4歳の時に大韓帝国の皇室で初めて会い、紆余曲折を経て信頼を築いた、言葉にせずとも心が分かる兄弟のような親しい最側近です。

これと関連し、ウ・ドファンとイ・ミンホが完璧なブラックスーツ姿で女性の心を奪います。ドラマの中で、弔問に向かった大韓帝国皇帝イ・ゴン(イ・ミンホ)のためにチョ・ヨン(ウ・ドファン)が厳重な警備をする場面です。弔問のために聖堂を訪れた皇帝イ・ゴンは、温かい眼差しと粛然さを示し、チョ・ヨンは黙々と周囲を見回しながら、イ・ゴンを守るために最善の努力を尽くしています。続いて弔問を終えて皇帝イ・ゴンが姿を現すと、チョ・ヨンはイ・ゴンに向けられた取材陣の接触を全身で防御し、白バイと近衛隊の車両が皇帝を取り囲みます。特別なスケールで皇帝と大韓帝国近衛隊のパワーを立証、視線を捕らえています。

この「圧倒的な弔問シーン」は1月に撮影されました。ドラマの撮影が伝えられると、市民の爆発的な関心に人が集まりましたが、2人はひたすら演技に集中しました。台本を手放さなかったイ・ミンホは口数を減らしたまま落ち着いて感情を引き締め、ウ・ドファンは毅然とした表情で撮影を準備していきました。撮影が始まると、二人は「公私」を絶対厳守するイ・ゴンとチョ・ヨンに完璧に憑依して滞りなく撮影を行い、最後にようやく明るい笑顔を見せました。

制作会社のHwa&Damピクチャーズは「イ・ミンホとウ・ドファンが登場する弔問のシーンは、大韓帝国で皇帝イ・ゴンの威厳とチョ・ヨンの行動力を示す名場面といえる」とし、「『ザ・キング:永遠の君主』で破格的な演技を見せたイ・ミンホとウ・ドファンの「ゴン&チョ」のケミストリーを期待してほしい」と伝えました。

『ザ・キング:永遠の君主』は4月17日(金)よりNetflixで配信予定です。

引き続き、ウ・ドファンへのあたたかいご声援をよろしくお願い致します。
ページトップへ