MENU

News

2020年05月15日
【翻訳】『ザ・キング:永遠の君主』紛らわしい1人2役まとめ
※ドラマの内容に関する写真・記載がありますのでご注意ください。
***



『ザ・キング:永遠の君主』に登場する、紛らわしい1人2役をまとめます。

『ザ・キング:永遠の君主』が大韓帝国と大韓民国、2つの世界の中で同じ顔、違うキャラクター、「1人2役」でパラレルワールド観を描いています。

『ザ・キング:永遠の君主』第7話、第8話では、大韓民国のチョン・テウル(キム・ゴウン)とそっくりな大韓帝国の犯罪者ルナ(キム・ゴウン)が闇の雰囲気を見せた中、強力3チームの刑事カン・シンジェ(キム・ギョンナム)が元々は大韓帝国の人間だったことが明らかになり、衝撃を与えました。これと関連し、大韓帝国と大韓民国で同じ顔、違うキャラクターを熱演する、大韓帝国―大韓民国の中の1人2役を整理してみました。

◆1.「存在自体が衝撃」な1人2役

「存在そのものが衝撃」である1人2役たちは視聴者に強烈なインパクトを残しました。

1-1.8世大韓帝国皇帝イ・ゴンvs 8歳で死亡大韓民国イ・ジフン(子役:チョン・ヒョンジュン)

8歳の大韓帝国皇帝イ・ゴンと8歳の大韓民国イ・ジフンは、パラレルワールド観を説明する1人2役の核心です。同じ顔を持つ2人の子供のうち、1人は大韓帝国の世子で、もう1人は大韓民国の貧しい家の子どもとして育ちました。目の前で父である先皇帝(クォン・ユル)の死を目の当たりにした8歳のイ・ゴンと、車椅子に座っていた伯父イ・ソンジェ(イ・ジョンジン)の死を目撃して命を落とした8歳のイ・ジフンは「大韓帝国イ・リム(イ・ジョンジン)」という悪人から悲運の運命をプレゼントされました。

1-2.大韓帝国犯罪者ルナvs大韓民国刑事チョン・テウル(キム・ゴウン)

1人2役の中でも衝撃を与えた「ショッキングビジュアル」と言えば大韓帝国の犯罪者ルナと、大韓民国の刑事チョン・テウルです。平気で暴力を振るい、家も常識も身分もない大韓帝国の犯罪者ルナの疲弊した姿と、大韓民国警察署強力3チームを率いる正義的で明るく活発なチョン・テウルの姿は両極のビジュアルで視線を集めました。

1-3.大韓帝国近衛隊大将チョ・ヨン vs 大韓民国社会服務要員チョ・ウンソプ(ウ・ドファン)

1人2役の「破格的な変身」のもう1人の主人公は、大韓帝国皇室近衛隊大将のチョ・ヨンと、大韓民国社会服務要員のチョ・ウンソプです。二人は顔が同じですが、ヘアスタイルからファッション、口調、行動が全く違う「極強の温度差」を見せました。特に第7話では、お互いに向き合った二人の不思議な「言い争いコンビネーション」は笑いを誘い、今後のさらなる活躍を期待させました。

◆2.「欲望的な選択」1人2役

『ザ・キング:永遠の君主』の1人2役には欲望によって「もう1人の自分」を消してしまった危険な人物が存在し、ドラマのテンションを引き上げています。

2-1.大韓帝国イ・リム vs 大韓民国小児麻痺病歴あり死亡したイ・ソンジェ(イ・ジョンジン)

「萬波息笛」をもって2つの世界を鎮める神になりたかった大韓帝国のイ・リムは、イ・ゴンの伯父であり庶子という身分のため、13歳の時にクム親王に封じられた、悔しさを持った人物です。一方で、イ・リムと顔が同じ大韓民国イ・ソンジェは24年前に小児麻痺の病歴を持ち車椅子に座ったまま、パラレルワールドを越えてきたイ・リムに殺されました。神になろうというイ・リムの欲望が始まった時から、2つの世界のバランスが崩れ始めたのです。

2-2.大韓帝国宮人ソニョン vs 大韓民国カン・シンジェの母ミン・ファヨン(ファン・ヨンヒ)

同じ顔を持つ大韓帝国の皇室の宮人であるソニョンと大韓民国カン・シンジェの母親であるミン・ファヨンは、同じ顔をした息子のカン・シンジェがいます。この2人はそれぞれの世界で少しずつ問題を起こしています。 大韓帝国の宮人ソニョンは、イ・リムの手下であるユ・ギョンムの書店に出入りし、皇帝イ・ゴンに関する情報を提供するスパイの役割をしており、大韓民国のミン・ファヨンは賭博中毒で息子たちを悩ませています。 第8話では、イ・リムが本の間に挟んでおいたカン・シンジェの写真を見て、涙する宮人ソニョンの姿が繰り広げられ、どのような事情なのか疑問を残しました。

2-3.大韓帝国の財閥家の嫁パク・ジヨンvs大韓民国貧しい妊婦「パク・ジヨン」

大韓帝国大手製薬会社の創業主の孫娘で財閥家の嫁で大韓帝国総理ク・ソリョン(チョン・ウンチェ)の後輩であるパク・ジヨンは、「人間の欲望」を刺激するイ・リムと契約をした貧しい大韓民国の妊婦のような顔をしています。しかし、2人は大韓帝国と大韓民国で全く違う人生を生きている状況です。さらに大韓帝国のパク・ジヨンの人生を盗もうとした貧しい妊婦を救援する方法として、「もう1人の自分を殺せばいい」と語ったイ・リムの冷ややかな笑いは緊張感を高めました。

◆3.「謎の存在」1人2役

1人2役のうち、まだ正体が明らかになっていない謎の存在もあり疑問が増えています。

3-1.大韓帝国9歳の少年vs大韓民国刑事カン・シンジェ(キム・ギョンナム)

第8話で大反転を導いた大韓民国の刑事カン・シンジェは、9歳の頃に2つの世界で同じ顔で存在していた可能性が示され、衝撃を与えました。落書きのように描いていた大韓帝国の皇室の花模様、悪夢だと思った8歳の皇帝イ・ゴンの姿を思い出したカン・シンジェが、大韓帝国から大韓民国へ来るようになった事情に関心が集まっています。

3-2.大韓帝国ク・ソリョン vs 大韓民国メガネの「チョン·ウンチェ」

大韓帝国首相のク・ソリョンは、実家から来たという謎の新聞に自分とまったく同じ顔の眼鏡をかけた女性を発見し驚きました。「北朝鮮の地を踏んだトランプ米大統領」、「防弾少年団」などが掲載された大韓民国新聞に載っていた、メガネをかけて野球を応援しているク・ソリョンと同じ顔をした女性の正体は何者なのか好奇心を刺激しています。

3-3.大韓帝国ミョン・スンア vs 大韓民国ミョン・ナリ(キム・ヨンジ)

大韓帝国広報室職員のミョン・スンアと大韓民国カフェのオーナーのミョン・ナリは、同じ顔を持つ人物です。明るさとクールさという微妙な性格の違いを見せており、それぞれ大韓帝国のチョ・ヨン、大韓民国のチョ・ウンソプと関連のあるミョン・スンアとミョン・ナリが今後どのような活躍を見せてくれるか期待を集めています。

3-4.大韓帝国馬具名人の息子vs大韓民国トランクの中の死体イ・サンド(キム・ジョンテ)

第7話では、大韓民国でトランクから遺体で発見されたイ・サンドのような顔をした大韓帝国の馬具名人の息子が登場し、視線を奪いました。馬小屋にイ・ゴンが登場すると、ぎこちない行動を見せた大韓帝国のイ・サンドの行動に疑念が濃くなっています。

3-5.大韓帝国イ・リムの部下ユ・ギョンム vs 大韓民国イ・リムの手足(イ・ヘヨン)

イ・リムとともに大韓帝国で謀反を率いたユ・ギョンムは、大韓民国でも同じ顔と同じポジションで存在し、疑問を抱かせました。果たして、両世界のユ・ギョンムは最後までイ・リムと共にすることができるのか、その行方が注目されています。

制作会社Hwa&Damピクチャーズは「『ザ・キング:永遠の君主』は大韓帝国と大韓民国、2つの世界に存在する人物が入り乱れる波乱のストーリーが続出する」とし、「歴代級1人2役の演技がドラマのストーリーをどのようにより細かく埋めてくれるか期待してほしい」と伝えました。

『ザ・キング:永遠の君主』第9話は今夜公開されます。

引き続き、ウ・ドファンへのあたたかいご声援をよろしくお願い致します。
ページトップへ