MENU

News

2021年11月05日
【翻訳】ウ・ドファン、Netflixシリーズ『猟犬たち(原題)』主演ゴヌ役での出演が確定!


ウ・ドファンがNetflixシリーズ『猟犬たち(原題)』に出演することが決定しました。

2022年1月5日(水)に除隊を控えているウ・ドファンが、次回作としてNetflixシリーズ『猟犬たち(原題)』(演出、脚本キム・ジュファン)を選択しました。早くも復帰作を選んだウ・ドファンは、除隊後撮影に合流し、『猟犬たち(原題)』への出演を通じてグローバルスターへの疾走を始める予定です。

『猟犬たち(原題)』はお金を追って貸金業の世界に足を踏み入れた3人の若者が巨大な勢力に巻き込まれていくストーリーです。同名のNAVER Webtoonが原作で、力強いアクションとバディ物に卓越した才能を見せてくれた『ミッドナイト・ランナー』のキム・ジュファン監督が脚本と演出を担当し、期待を高めています。

ウ・ドファンは借金を返すために貸金業の世界に飛び込んだゴヌ役を演じます。ゴヌは新人王戦で優勝を勝ち取ったボクシングの有望株でしたが、母の借金を返すために「高利貸業の伝説」チェ社長と出会い、警護員として新しい人生を迎える人物で、ウ・ドファンならではの毒気と悲しみ、善良さが共存する眼差しとしっかりした演技力でキャラクターを完璧に表現する見通しです。また、ドラマ『君を守りたい~SAVE ME~』、『マッド・ドッグ~失われた愛を求めて~』、『私の国』、『ザ・キング:永遠の君主』、映画『鬼手<キシュ>』などで優れた才能を見せたウ・ドファンのカリスマアクションも期待ポイントです。

このように『猟犬たち(原題)』は、ウ・ドファンが除隊後の復帰作という点で注目を集めています。ウ・ドファンは入隊前の『ザ・キング:永遠の君主』で、1人2役を超え、1人4役を完璧に演じたという好評を得ただけでなく、『君を守りたい~SAVE ME~』、『マッド・ドッグ~失われた愛を求めて~』、『偉大な誘惑者』、『私の国』で次世代韓流スターとしての地位を広げました。特にK-コンテンツが注目を集めている時期に、彼がNetflixシリーズを通じてアジアを越えたグローバル韓流スターに成長していくのか、その行方が注目されています。

除隊後、思う存分力を発揮するウ・ドファン。『猟犬たち(原題)』出演のニュースだけで、早くも熱い反応を見せています。

引き続き、ウ・ドファンへのあたたかいご声援をよろしくお願い致します。
ページトップへ