MENU

News

2018年12月25日
【翻訳】ウ・ドファンJTBC時代劇「私の国」への出演決定!


2019年に韓国で公開予定の映画「使者」と「鬼手」で、スクリーンに登場することを予告したウ・ドファンは、次回作として2019年下半期に放送予定のJTBCドラマ「私の国(演出:キム・ジンウォン、脚本:チェ・スンデ)を選びました。これでウ・ドファンは、2019年のスクリーンとテレビを行き来することになります。

「私の国」は高麗末と朝鮮初期を背景にしたアクション時代劇で、自分の信念が語る「私の国」を巡り、お互いに剣を構え権力を盾に欲望を爆発的に描いた作品です。さらに信頼感を高めるのが、ドラマ「ただ愛する仲」、「本当に良い時代」、「優しい男」のキム・ジンウォン監督と「感激時代~闘神の誕生」、「マスター・ククスの神~復讐の果てに~」のチェ・スンデ作家が意気投合することで期待感を募らせています。

ウ・ドファンは家柄と階級のしがらみから抜けるために武官になろうとするナム・ソンホ役を演じます。ナム・ソンホは名望家の次男だが、母が奴隷出身であるため族譜にも描かれなかった庶子としての痛みを持っている人物です。ウ・ドファンは心に訴える眼差しと善と悪を行き来する独歩的な演技でキャラクターの複合的な感情線を描く予定で、ナム・ソンホが優れた武術の持ち主であることから、ウ・ドファンのカリスマ性溢れるアクションも期待できます。

ウ・ドファンの「わが国」出演のニュースは、ウ・ドファンが時代劇に初挑戦するという点で関心を集めています。ウ・ドファンはこれまでドラマ「君を守りたい~SAVE ME~」、「マッド・ドッグ~失われた愛を求めて~」、「偉大なる誘惑者」で、韓国内だけでなく日本、香港、台湾、タイ、シンガポールなどで人気を集め、次世代韓流スターとしてのポテンシャルを見せてきました。また、今年8月に日本での初ファンミーティング開催に続き、来年1月には香港、2月にはタイでの単独ファンミーティングを控えています。アジアの国々で韓国ドラマ、特に時代劇はさらに人気であるため、ウ・ドファンが時代劇ドラマを通じて次世代韓流スターの立地を広げられるものと期待を集めています。

引き続き、ウ・ドファンへのあたたかいご声援をよろしくお願い致します。
ページトップへ