MENU

News

2020年04月17日
【翻訳】『ザ・キング:永遠の君主』放送D-day!ウ・ドファンが期待される理由3つ


今日からスタートする新ドラマ『ザ・キング:永遠の君主』で大韓帝国では皇室近衛隊大将のチョ・ヨン役で、大韓民国では大韓民国警察庁社会服務要員のチョ・ウンソプ役で活躍するウ・ドファンの期待ポイントが公開されました。

『ザ・キング:永遠の君主』は次元の門を閉めようとする理系大韓帝国皇帝イ・ゴンと、人や愛を守ろうとする文系大韓民国刑事チョン・テウルが2つの世界を行き来する次元が違うファンタジーロマンスドラマで、ウ・ドファンはデビュー後初めての1人2役に挑戦します。

劇中のチョ・ヨンとチョ・ウンソプはカリスマと活発さという正反対の性格を持っているため、ウ・ドファンが披露する多彩な演技がさらに期待されます。ウ・ドファンも「1つの作品の中で2つのキャラクターの人生を送ってみるのが興味深かった」とし「多様なキャラクターを演じてみたいという喉の渇きが解消される感じだった」と180度違う魅力を演じた正反対のキャラクターに関心が集まっています。

また、ウ・ドファンはチョ・ウンソプ役を通じて釜山弁の演技を披露する予定です。チョ・ウンソプの愉快な性格をよりよく表現できるように、釜山の方言を準備しました。このため、ドラマの撮影開始前から、釜山の方言の先生と一緒に毎日のように方言を練習するなど、撮影現場の内外で自然なキャラクター演技のための努力を続けてきたそうです。

ウ・ドファンとイ・ミンホの「ブロマンス」も期待ポイントの一つです。チョ・ヨンは大韓帝国皇帝イ・ゴン(イ・ミンホ)の最側近で「皇帝の影」と呼ばれるほどイ・ゴンのそばで守っている人物なだけに、温かく特別なブロマンスを誕生させる予定です。

このようにウ・ドファンは1人2役と完璧な方言、ブロマンス演技で「代替不可」の魅力を披露し、視聴者を魅了する見通しです。キム・ウンスクチームに合流したウ・ドファンが『ザ・キング:永遠の君主』で見せる演技に関心が集中する理由です。。

ウ・ドファンをはじめイ・ミンホ、キム・ゴウン、キム・ギョンナム、チョン・ウンチェ、イ・ジョンジンなどが出演する『ザ・キング:永遠の君主』はいよいよ本日からNetflixで配信予定です。

引き続き、ウ・ドファンへのあたたかいご声援をよろしくお願い致します。
ページトップへ